要注意?結婚式までに準備したほうが良いこと

ちゃんと出来てる?身の周りからお客様への対応まで

結婚式当日が近づいて来るにつれ、ちゃんと準備が進んでいるのか、あれこれと気になります。式場が決まった後は、ウェディングドレスなどの衣装、小物にマリッジリング、お花など、まずは自分たちの身の周りのものを揃えるところから用意を始めて行く事になります。
その後忘れてはならないのが、招待したお客様への対応です。受付などをお友達に頼む場合も、早めにしっかりコミュニケーションをとっておきましょう。また、遠方からの方の交通費などの配慮も大切です。ホテルや専門式場でのウェディングの場合は、行き届いたプランが用意されていて、ほとんどの事がお任せ出来るので安心なのですが、レストランなどでの手作りウェディングの場合は、色々な準備を二人で整えて行かないといけません。二人で協力し合いながら、楽しくハードルを越えて行きましょう。

アットホームなウェディングなら心を込めた演出を

家族や、ごく親しいお友達だけに囲まれた、少人数のアットホームなウェディングならば、色々な手配の手間を省く事が出来ます。その分、心のこもった温かい対応がしやすいのが良い所です。ここは思いっきり二人の個性の羽を広げて、お客様一人一人に宛てたメッセージカードを贈る、または共通の趣味を生かした手作りの品をプレゼントをするなど、二人にしか出来ないおもてなしの演出をしてみてはいかがでしょうか?
二人一緒に結婚式の準備を進めて行くと、意外とまだ知らなかったパートナーの隠れた個性に出会う事があったり、少々ぶつかって脱線しても、お互いの力でそれを乗り越えたりなどで、きっと良い思い出になります。そんな二人にしか出来ない、皆を温かく包み込むような結婚式を、ぜひ実現させて下さいね!